ホームページリニューアル

デザイン古くない?ホームページの格安リニューアル依頼はこちら

突然ですが、あなたのホームページは制作してどれくらい経ちましたか?

1年?

3年?

5年?

10年?

 
もし、5年以上前のデザインならリニューアルをオススメします。

「え?30万円もして作ったのに、たった5年でリニューアルなの?」

そう思われる方も多いと思います。

制作時にお支払いした30万円は5年前ではその値段でも、今となっては半額以下になっているでしょう。

要するにホームページの賞味期限が5年なんです。

 

ホームページは日々進化している。

 
ネット業界は日々進化しています。

Googleのシステムも2019年6月4日に「コアアルゴリズムアップデート」していたりと、定期的にアップデートしています。

通信回線も携帯のネット通信は昔は3Gでした(もうすぐ廃止されます)。

今では4Gが当たり前で、今度は5Gが導入されようとしています。

 
そして、ホームページも同じように日々進化しています。

前はインターネットはPCで見るのが当たり前だったのが、

今ではスマホで見るのが当たり前で、スマホ対応していないサイトが淘汰されています。

 
他にもWordPressという簡易ブログシステム3ヶ月に1回はアップデートしています。

さらにSEO対策についても、今では企業サイトでもブログを更新する時代です。

「名刺代わり」程度のホームページなら問題ありませんが、

ホームページからの集客や売り上げを期待するのであれば、

ブログはもはや必須といっても過言ではありません。

このようにネット業界は日々進化の繰り返しでより良くなっています。

 

時代に乗り遅れるな!

 
今の時代、デザインが古いと時代に乗り遅れていると感じてしまい、良いイメージがつきません。

デザインに一番敏感なファッション業界を例にたとえるとわかりやすいでしょう。

5年前に流行ったファッションをマネキンに飾って売り出してても

「なにこの古いコーディネート!ダサっ!」

といわれてスルーされてしまいます。

「レトロ」までいくと、人気はありますが、それでも今の流行りには負けます。

 
デザインだけならまだしも、ホームページの場合、機能もアップデートしていますから余計にマイナスになります。

機能面で一番わかりやすい例がiPhoneだと思います。

5年前に発売されたのがiPhone 6/6 Plusです。

今のiPhoneと比べると、処理速度や通信速度、画質などかなりスペックに差が出来ています。

例えばiPhone 6/6 Plusはリアカメラが800万画素、インカメラが120万画素です。

しかし、2019年8月の最新であるiPhone XS/XS Maxはリアカメラが1,200万画素、インカメラが700万画素になります。

リアカメラは1.5倍で、インカメラに至っては約6倍です。

時代の流れと共に機能面もパワーアップしているのがわかると思います。

 

格安でリニューアルを承ります!

 
おそらく、5年前にサイトを作った人は危機感を憶えていると思います。

それと同時にリニューアルをどこでするのか?

金額はどれくらいするのか?

なんて先に進んで考えている人もいるかと思います。

通常ですと、リニューアル費用は15万円〜30万円ほどかかります。

ですが、弊社でご依頼いただけましたら5万円〜お伺いいたします。
※金額はリニューアル内容によって異なります。

リニューアルを出来るだけ安く、やりたいという方は是非ご利用ください。

必須 お名前
必須 メールアドレス
任意 サイトのURL
必須 修正・施工の希望箇所/相談内容

※出来るだけ具体的に記載していただけると、スムーズに進行することが可能です。
任意 画像やPDF

※必要があれば添付してください。




お申し込み後24時間以内に、お見積りと決済リンクをご連絡させていただきます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
金山正興

kanayama

ホームページの制作を中心に、チラシ・名刺・POPなどのデザインを行っています。 現在、YouTuberやブログのアドセンス広告・アフィリエイトなどもにも力を入れています。 副業ではテニスインストラクターをやっています。

-ホームページリニューアル

© 2020 Web(ウェブ)の便利屋Lallapallooza(ララパルーザ)